飲むべき時

the girl with blister packs

クラミジアがこれほど……ひそかな「国民的病気」といっても過言ではないレベルで広まっている理由のひとつは、この病気の自覚症状がしばしば曖昧であるケースが多いからです。特に女性の場合、「ん?ちょっと変だナ?まあいいか」と、『気のせい』で片づけてしまいそうな軽い違和感しかないというケースも多いのです。ちょっとオリモノの量が多い、とか……。男性の場合も、性器がちょっぴりムズムズする、というくらいしかない場合もあり、クラビットを飲まずにどんどん症状を悪化させ、しかもそのまま他人のノーセーフなセックスを行い、感染させてしまうという悪循環が繰り返されているのです。
(クラミジアになっている人と知らずにセックスしちゃった場合でも、コンドームを的確に利用すれば、感染せずにすむこともあります)

しかし一方で、症状が激しく出る場合もあります。特に男性の場合、症状がハッキリと現れることがあります。
ハッキリと現れたときは、ヤバい!ということでクラビットによる治療を開始しましょう。

クラビットによる治療を開始するべき時……その症状とは?
まずは、痛み。クラミジア菌は尿道に入り込み、尿道炎を引き起こします。その結果、おしっこをするときに傷ついた尿道に刺激が伝わり、まるで熱した針金でグリグリされているかのような激しい痛みにさいなまれることになるのです。
また、これまた炎症のせいで透明ではありますが先端から膿が出てくるのもサインのひとつです。勃起してもいないのにペニスの先端が濡れている、しかも尿道に違和感や痛みがある、というとき……それはまず間違いなく、「クラビットを飲むべき時」に間違いありません。